DELL Vostro 220s 電源交換(250W->350W) TFX電源へ換装

| | コメント(0) | トラックバック(0)
自宅のDELL Vostro 220sにボードを追加し電源が不安になってきたので電源を交換した。
【追加したハードウェア】
玄人志向 Nvidia Geforce 9600GT(GF9600GT-LE512HD/GE)
IO Data フルセグ3波デジタルチューナー (GV-MVP/VS)
【交換したハードウェア】
UMAX Pulsar DCDDR2-4GB-800
Hitachi HGST 2TB(7200rpm)
購入したのは、ENTINY SPC-S400 TFX電源。クレバリーで4770円で購入。vostro 220sの電源規格がFlexATXかTFXか判らなかったので悩んでいたら店員さんが調べてくれました。ありがとうございました。
定格350Wで最大400Wとある、信頼の韓国製を謳うTFX電源。
TFX電源
電源ユニットは、こんな感じ。本体とはネジ3つと電源ケース下部にあるツメで固定するのが規格のようだ。
TFX電源

Vosto 220sの本体カバーをあけたところ。右下に見えるのが電源ユニットだ。
Dell Vostro 220s

TFX電源を交換して装着したところ。
電源ケーブルの接続は、「マザーボード24ピン」「CPU4ピン」とHDD、DVDマルチの4箇所のみ。DELLに装着されていたマザーボードへのピンが24ピンだったが、このTFX電源ユニットは、20ピン+4ピンと2つに分かれていたので、本体に装着されていた電源ユニットのケーブル色(同一だった)を参考にしながら、マザーボードに装着した。慎重にやればとても簡単。
Dell Vostro 220s TFX電源 交換

いまのところ安定してうまく動いています。快適です。
長く使い続けてパソコンが遅くなってきたので、PCチューニングソフトのPC Maticを導入して、今後は遅くならないように自動最適化機能をオンにしておいた。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: DELL Vostro 220s 電源交換(250W->350W) TFX電源へ換装

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.mick.jp/mt/mt-tb.cgi/782

コメントする

このブログ記事について

このページは、mickが2010年3月22日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Gateway LT1001jを分解しRAMを増設」です。

次のブログ記事は「VAIO type Z(VPCZ119FJ/S)店頭モデル購入してしまった。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。